MENU

はなまるクリニック

ご挨拶

院長からのご挨拶

皆様こんにちは。院長の山本英世(えいせい)と申します。

わたしは平成12年に日本医科大学を卒業後、同大学病院の循環器内科にて心筋梗塞や心不全などの急性期疾患に携わっておりました。
循環器急性疾患とはいえ、入院される方々はほとんどがご高齢です。入院することで認知症の進んでしまう方や筋力が落ちて歩けなくなってしまう方も少なからずいらっしゃいます。そうなってしまうと患者さんも家族も家に帰ることを躊躇してしまい、ますます退院が遠ざかることもありました。

思い切って退院し、びっくりするほど元気になる方はたくさんいらっしゃいます。入院して認知症が進んだ方、筋力が落ちた方が“家”に帰ると元気に戻ることなど“家”には特別な力があります。どうしても“家”に帰れない方もいらっしゃいますが、“家”に帰りたいと願う人がいるのであれば、医療の面から積極的にサポートしたいと考えるようになりました。訪問診療(在宅医療)という分野に興味を持ち、平成26年の4月から幸区にある“あいホームケアクリニック”にて1年間在宅医療に携わらせていただき、平成27年4月より川崎市中原区にて訪問診療を中心としたクリニック開業に至りました。

大学病院で働いていた時の私の信念は”あきらめない医療”です。大学病院は最後の砦であり、私たちは決してあきらめてはいけないという思いで働いていました。病気を治して退院することが目指すところでした。
在宅医療に携わるようになり、“家”で過ごすために受けたい医療は病院とは異なると感じます。 患者さんや支える家族が抱える不安や孤独、また患者さんがその人らしくある為に医療はどのようにあるべきかを考えるようになりました。いつかは患者さんが死を迎えることは避けられない中で、医療ができることを考えるようになりました。

患者さんや家族がどう過ごしていきたいのか?私が患者さん本人であれば、また家族であればどう過ごしていきたいのか?ということを考えるようになりました。
患者さんや家族が孤立せず、様々なケアスタッフとともに一緒にチームとなっていける医療を行いたいと思います。

“あなたに寄り添う家族のように”、これが今の信念です。
いつの日か死を一緒に迎えるかもしれません。死を迎える以上、医療としては100点満点ではないのかもしれません。
だからこそ患者さんや支える人たちにとって、“はなまる”であることを目指していきます。
2015年4月 院長 山本 英世

院長

山本 英世(やまもと えいせい)

資格

・日本内科学会認定医
・日本循環器学会専門医
・プライマリ・ケア認定医
・日本心血管インターベンション専門医

所属学会

・日本内科学会
・日本循環器学会
・日本在宅医学会
・日本緩和医療学会
・日本プライマリ・ケア連合学会
・日本心臓リハビリテーション学会

お問い合わせはこちら

044-711-2870

受付:月曜~金曜

(※診療時間内にお願いします)

クリニック案内

はなまるクリニック
〒211-0063
神奈川県川崎市中原区小杉町
1丁目365番地1
平成管理ビル3F
TEL: 044-711-2870
FAX: 050-3588-6364

交通アクセス

・新丸子駅西口より徒歩5分
・武蔵小杉駅北口より徒歩7分
・近隣にコインパーキングあり